感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

一軒の古びたラーメン屋さん。

感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

一軒の古びたラーメン屋さん・・・ (女性 33歳)

一軒の古びたラーメン屋さん。外観も店内も昔ながらのラーメン屋といった佇まいで、椅子やカウンターも年季が入っていた。
そんなお店に足を運んでいたのは、「お母さん」の笑顔が見たかったからだ。いつも楽しそうにラーメンを作るお母さん。お腹がすいていることも手伝って、私も楽しくなってくる。そして私の前に出されたラーメン。鶏がらベースのしょう油味で、チャーシュー1枚とほうれん草とメンマとネギがのっている。その向こうにお母さんの笑顔。本当に美味しかった。
私が落ち込んで泣きそうだった時も、お母さんはいつものように優しい笑顔でラーメンを作って出してくれた。チャーシューが2枚だったりするから、我慢できずに泣きながら食べたこともあった。
残念ながらこのラーメンは二度と食べることができない。お母さんが天国へと旅立ってしまったからだ。美味しいラーメンはいたるところにあると思う。だけど、一生忘れないラーメンはお母さんのラーメンだけだ。

Copyright (C)2018感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー.All rights reserved.