感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

子どもが高校受験の頃、がんばろうとする意欲の見えないことにイライラする私と、思うように成績が伸びないことへの焦りと、本当に志望校へ合格できるのかという不安で、いつもイライ

感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

子どもが高校受験の頃・・・ (女性 46歳)

子どもが高校受験の頃、がんばろうとする意欲の見えないことにイライラする私と、思うように成績が伸びないことへの焦りと、本当に志望校へ合格できるのかという不安で、いつもイライラしていた子どもとの間で、言い争いが耐えませんでした。

受験も押し迫った2月のある日、突然、夫が「みんなでお昼ご飯を食べに行こう」とサンマルクへ連れて行ってくれました。
「1分1秒でも惜しいこの時期に、なんで外食なの?」と思いましたが、口を開くと言い争いになるので、黙ってついて行きました。

店に着くと予約がされていて、メニューも決まっている様子。不思議に思っていると、子どもから「お誕生日おめでとう」と言われました。
受験の忙しさでつい忘れていましたが、その日は私のお誕生日でした。
私のために二人で相談し、お誕生日限定メニューを予約しておいてくれたのです。

その日はめずらしく言い争いをせずに、食事を楽しみました。
前菜から始まり、メインを食べながら焼きたてパンに舌鼓を打っていると、ろうそくを灯されたケーキが登場しました。
お料理だけでも満足でしたが、突然のことにうれしくて、涙がホロリとこぼれました。

日頃は反抗的なことばかり言うけれど、私の気持ちは伝わっていたのかなと思うとともに、子どもの成長を実感し、子ども本人の受験なので、干渉せずに子どもに任せてみようと思えるようになりました。
その後、子どもは見事に志望校に合格し、サンマルクで合格祝いをしました。

Copyright (C)2018感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー.All rights reserved.