感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

今はもうないかもしれませんが、日本を代表するような高級ホテルのレストラン街にあった鉄板焼きのお店でのことです。

感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

今はもうないかもしれませんが・・・ (女性 53歳)

今はもうないかもしれませんが、日本を代表するような高級ホテルのレストラン街にあった鉄板焼きのお店でのことです。
鉄板焼きといえば、やはりステーキなど高級なメニューを思い浮かべるのではないでしょうか。私たちも、そのお店のメニューの中では安いものの、普通よりは高いステーキをメインにしたコースを注文しました。

もちろん、ステーキや伊勢エビなどはとても美味しかったのですが、私が驚いたのはアワビの肝を焼き始めたことです。
私の実家は海沿いだったので、アワビはたまに食べますが、肝は食べないものだとずっと思っていました。
それが、美味しそうな湯気を立てながら焼き、それをシェフが長いナイフでササッと切ってくれたのです。

子どもの頃から食べないものだと思っていたアワビの肝を初めて食べました。

ところが、その美味しさにすごく感動してしまったのです。
今まで捨てていた箇所が、こんなに美味しいなんて思ってもみませんでした。

おすすめ!

Copyright (C)2018感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー.All rights reserved.