感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

食べることは生きていく上でとても大切なことですが、それは体に栄養を摂る為だけではなく、心にも栄養を与える行為だと思います。

感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

食べることは生きていく上でとても大切なことですが・・・ (女性 39歳)

食べることは生きていく上でとても大切なことですが、それは体に栄養を摂る為だけではなく、心にも栄養を与える行為だと思います。食べ物を頂いて感動するということが、そういったことではないでしょうか。
私が感動したお店のメニューを紹介します。それは学生時代に友人とよく寄っていた喫茶店のクレープなのです。
店のマスターが目の前で焼いてくれるのですが、所謂屋台のクレープみたいなのとは違って、お皿に乗っけて炎がボオッとあがる、今なら名前が分かる「クレープジュゼット」というデザートを私たちに作って下さっていたのです。

ナイフとフォークで頂くクレープは、歩きながら片手で気軽に食べることができるクレープとはまた全く別物で、とても感動した思い出があります。そのお店は他のメニューもとても美味しくて、冬に頂くココアのその濃さにも感動することもあり、マスターによく作り方を伺ったものでした。
「ひとつひとつの工程を丁寧にすること」と仰っていた言葉が忘れられません。
そしてそんな馴染みの喫茶店も、お年の為お店を辞められ、今では本当に幻の味になってしまったのが残念でなりません。それ以来、感動するメニューにまだ出会えずにいます。

おすすめ!

Copyright (C)2018感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー.All rights reserved.