感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

「うわ、おいしい」という時の感動体験は、不思議だなとあらためて思ったりしますが、感動するメニューというと、素材の予測しなかった組み合わせが想像を上回るおいしさだったという

感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー

「うわ、おいしい」という時の感動体験は・・・ (女性 48歳)

「うわ、おいしい」という時の感動体験は、不思議だなとあらためて思ったりしますが、感動するメニューというと、素材の予測しなかった組み合わせが想像を上回るおいしさだったという時に、私はいたく感動するパターンが多いです。

スイーツで、果物の熟したマンゴーとココナッツで炊いた餅米とココナッツミルクをかけたものがあるのですが、タイ国の定番スイーツなので、国内のタイレストランなどで召し上がれると思います。ごはんと果物を一緒に食べるという発想が感動です。
日本でいうなら、完熟柿とごはん、完熟桃とごはん、そういう雰囲気の食べ物です。

それがまたおいしいので、感動的に記憶に残ります。果物の甘さと酸味とモチモチした感触の餅米に、風味のよい個々ナッツミルクの相性が抜群だと発見した事にも感動です。
普段から慣れた味覚にはない味のバランスに出会うと、ひときわ感動するのだなと思えます。人間の味覚に感動を与えるというシェフのお仕事はアートだと思えるのです。

おすすめ!

Copyright (C)2018感動をもたらしてくれた、あの店のメニュー.All rights reserved.